| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミルク君

先週土曜日にミルク君の2回目の鍼治療に行ってきました。

病室でキャリーから出して抱っこした時、足をブルブルと振るわせたのを見てスタッフの方が

いい感じですよ!と言ってくれました。

少しは良くなっているのかもしれません。

でもお尻が上がらないんですよね…

後ろ足に力は入るんですが、立てないんです。

立たせても、後ろ足の先端が丸く内側向きになって。

歩けるようになる前の赤ちゃんの足見たいになってしまいます。

手術してもらった病院で、半年程して突然歩き出す事も有るからと聞いて
それが結構励みになっていましたが、どうでしょうか?


鍼を打ってもらい、お灸のポイントをもう一度確認して帰ってきました。


お灸 

DSCF4672.jpg

これ臭いんです

だから今はベランダでしていますが
寒くなってきたらこまるなあ…

DSCF4692.jpg
早く歩けるようになって欲しいな 

DSCF4863.jpg



 ミルク君はペスちゃんとも大分馴染んできました。
モンちゃんと見たいに舐めあったりはしませんが。
DSCF4866.jpg

DSCF4645.jpg






スポンサーサイト

| ミルク君 | 19:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミルク君 ハリ&お灸の治療

先週の土曜日、ミルク君をハリ治療に連れて行きました。

hanakoさんから聞いた、住之江の竹内犬猫病院です。

デリケートな治療だから口コミで評判のいいところがいいと思って。

カーナビを頼りに細い道を進んでいくと、偶然少し前に友人と一緒に車で通った道でした。

怪我と後ろ足の状態を説明すると、ハリ治療で回復は難しいとのことでした。

でも少しでも可能性があればと思い治療をしてもらうことにしました。

ハリ治療は月に1度通えばいいそうで、
それよりお灸のほうが効果があるので家で毎日するようにと
お灸を処方してもらいました。

ツボを教えてもらい (背中と足の2箇所です)
細長い棒状のお灸を、ポイントに向けて暖めます。

近付けるだけなので、毛はそる必要はありませんでした。
良かった。
手術の時に2回も毛をそっているのでもう剃りたくなかったんです。

治療中先生がミルク君の背中に手をかざして損傷のある部分は他と比べてヒャッとするでしょ、
と仰ってました。その時は分からなかったんですが家に帰ってやってみると、確かに損傷した所は
手の平をかざすと熱を感じないんです。
損傷して、血のめぐりが悪くなっているんでしょうか?

それから風に当たるのはあんまり良くないそうです。
冷えたら悪いんでしょうね。

未だ数日ですが、お灸と暖めたタオルで背中と足を暖めたりして
神経の回復するように色々やっています。

ミルク君の運にかけたい気持ちです。

ブログの記事を見た方から色んな情報を頂きました。
ありがとうございました。
励まされました。



 里親募集です。(大阪~) 

長毛で黒のとっても可愛い姉妹です。

1239454894.jpg


 1ヶ月位の長毛の姉妹です。懐こくて可愛い子です。

  ノミとり、検便、躾(済)  里親になって下さい。 

  姉妹一緒に貰っていただけると嬉しいです。

大阪近郊の方
 室内で大切に飼っていただける方
 時々写真添付で近況報告していただける方
 ペット可の住宅にご家族でお住まいの方
 小さいお子さんのおられない方
 お届けします

 御家族構成・ご年齢等、簡単なプロフィールを添えて右サイドのメールフォームからお申し出くださいね。     

| ミルク君 | 21:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミルク君術後、3ヶ月目の検診

ミルク君 昨年12月に2度目の手術をしてから約3ヶ月が経過して

昨日の28日の土曜日、動物病院にいってきました。

レントゲンで骨と金属がずれていないかチェックしました。

DSCF4372.jpg

DSCF4373.jpg

どちらかが1月のレントゲン写真です。
ほとんど変わりがなくって見分けがつきません。
骨と金属のずれもなくて順調です、良かった!

骨の真ん中に白い玉が連なっているのが金属の固定板です。
その周りの白くももやもやしているのが仮骨です。
未だ完全な骨になっていないのでもう少し経過を見ないといけません。


上から↓
DSCF4374.jpg

横から↓
DSCF4375.jpg
耳の中がよく汚れます。
すぐに黒くなります。
ダニではないようです。
家に来た時からでした。
これも気になって病院に行く度に見てもらってますが特に異常はない様で
洗って薬を入れてもらって終わりです。
これも気になります。
ちなみに体重は4.3Kgでした。
体重も1月と変化なしです。

後ろ足の曲げ伸ばしと、4本足での起立のリハビリを今後も続けて
ミルク君が前のように歩けるようになるかどうかは運です。

もし歩けるようになっても、背中の骨を手術しているので、ジャンプは出来ないようです。
ちょっとショックです。

ハリやお灸のような東洋医学的な治療も効果があるようです。
堺に良い病院があると聞きました。今度ネットで調べてみようと思います。

※ハリやお灸でなにか情報があったらお願いします。
脊椎損傷で後ろ足が動かないじょうたいです。
神経はほとんど通っています。一部損傷してます。

宜しくお願いします。


ペスちゃんと遊んでいます。
小さな鈴を追いかけていました。
DSCF4333.jpg


DSCF4341_20090329194211.jpg

DSCF4336.jpg

モンちゃんはコタツでまったり~
DSCF4348.jpg

DSCF4355.jpg




| ミルク君 | 20:03 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一緒が良い!

今日は朝とってもしんどくて会社を急遽休みました。
私はこの時期 (春先)とっても調子が悪く気分も鬱々しがちです。
いやだなあ・・・・・。
夏も苦手だし。
結局、秋から冬が一番良いんです。
これからしんどいなぁ・・・・・・・


ミルクちゃん、ふと気がつくとモンちゃんに引っ付いています。
前からなかよしでした♪
気が合うのかしら・・・・・・。

DSCF4274.jpg
おねえちゃんと一緒が良い

DSCF4270.jpg
満足 

DSCF4278.jpg

DSCF4286.jpg


このカゴでよく遊んでます。

DSCF4317.jpg

DSCF4294.jpg

ペスちゃんとはあんまり気があわないみたい・・・・・・。


| ミルク君 | 21:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミルクちゃん退院 2009/1/4

 明けましておめでとうございます。

昨年は散々な事が多い年でした。

色んな経験をしたので今年は少しは落ち着いて、余裕を持って
何事にも対処していきたいと思います。

幸いなことに自分や家族の健康状態はよく、それが一番の幸せなんだと
昨年は自分に言い聞かせていました。

開き直りでしょうか 

今日、1月4日に入院中のミルクちゃんが退院しました。
やっと家に帰れて私もミルクちゃんも(多分)ほっとしています。

2回目の退院ですこし前回よりも精神的に楽でした。


ミルクちゃんの怪我は

【 胸椎第12~13番目  骨折+亜脱臼 】
【 膀胱炎 】
【 脊椎損傷 】


です。膀胱炎はベランダから転落した時にお腹をうって膀胱が傷ついて腫れてしまったようです。
血液検査で分かるようですよ。

膀胱と管を傷つけても怖い様です。
損傷が酷いと自然排尿が出来なくなるようです。

胸椎を金属でつないで、あとお腹も開いて膀胱もみてもらいましたが、目で確認できなかったので
多分大丈夫だろう、といいうことで血尿が止まるまでお薬で治療になりました。

脊椎の損傷の程度は
足の先を刺激して痛覚があるなら
手術しても回復する可能性があるようです。

この痛覚がなければ手術しても回復する可能性がないので、手術しないそうです。

幸いにミルクちゃんは痛覚が有りました。

本当にラッキーでした。

もしもう少し発見が遅れたら、
もしいきつけの病院に夜中に応急処置をしていただけなかったら、
もし優秀な病院を紹介していただけなければ、と・・・・・

考えただけでもぞっとします。

今の段階では絶対に後ろ足が前のようになるとは断定できないけれど、可能性が高いという先生の言葉で勇気付けられます。

ミルクちゃんのレントゲン写真です。

最初の手術 ↓
白く写っている串状のものが骨を固定する金属です。
最新式のアメリカ製のもので昨年から病院が輸入しているそうです。
挟み込んでしっかりと固定できるそうです。

上に薄く写っているのが脊椎です。
これの損傷が少なかったのが幸いでした。

DSCF2319.jpg
神経を圧迫しないように慎重に、長さを調節したボルトで骨を固定する手術で
4時間もかかりました。

昨年11月の最初の手術後
上から↓
DSCF2324.jpg


本当は上のように綺麗に骨がまっすぐつながっていたのですが、
退院してから階段から落ちてしまい、再手術になってしまいました。


金属が外れたときの写真です。↓

DSCF2327.jpg


骨がずれたまま仮骨ができてしまっていた為、ずれたまま再度反対側から金属で固定になりました。
今度も脊椎に圧迫はなく手術可能でした。ホッとしました。


12月21日の今回の手術後
横から↓
DSCF2325.jpg


このままでも大丈夫なようです。
先生に金属はこのままですか?と聞くと
『とる必要もないでしょう』ですって。

 先生は昨年ヒットしたドラマ ラスト・フレンズの錦戸亮君によく似た
とってもハンサムな先生でした。



家に帰ってきてからのミルクちゃん
DSCF2329.jpg

ディディちゃんがミルクちゃんを忘れないでいてくれて、
スリスリしてくれていました、優しいねディディちゃん。


DSCF2331.jpg
後ろ足が回復するまで圧迫排尿です。
念の為、オムツをしています。

ネットで色んなブログを参考にオムツがずれない工夫をしてみました。

ハーネスにつりバンドを改良した物を取り付け、オムツがずれないようにしています。





 お知らせ



圭君の里親さんが決まりました。
なんと圭君の実のママが貰われた枚方市のお宅です。

ママ↓ 今はスミレちゃんです。

DSCF2312_20090104205046.jpg

圭君(仮名) ↓

DSCF2318.jpg
恥ずかしがりやで、テーブルの足のくぼみに隠れてしまいました。
御夫婦ととっても可愛い3人のお子さんと、
ママのすみれちゃんとで、圭君早く慣れて皆と仲良く暮らしてね ♪



行く前の圭君
DSCF2239.jpg

皆で仲良く
DSCF2246.jpg

ありがとうございました、よろしくお願いいたします。




読んで頂いてありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援の1票お願いします。
  ↓  ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ











| ミルク君 | 20:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。